dam-images-decor-2015-08-color-it-calm-color-it-calm-game-room-9

海外の住宅では、室内の壁にモールディング(額縁)や、クラウン(廻縁)などの装飾材を施すことでお部屋にアクセントを付け、エレガントに際立たせます。また、窓周りはケーシングで覆い見た目をアーティスティックに装飾します。この伝統的な室内の装飾手法は今も生き続けていますが、最新の海外の住宅ではシンプルなインテリアの中で、壁を白く保ちながら、ペイントによるカラーでお部屋にアクセントを与える手法がトレンドになっています。輸入住宅をお建てになる際の参考になる、実際の海外の例を6つご紹介します。

 

Gray on white

Gray on white

収納棚や、開口部や窓周りのトリムに全て同じ暖かい灰色のペイントが塗られています。白い壁にマッチするように、真鍮や黒のような暗いアクセントをつけないようにしています。

 

Antiqued finish

Antiqued finish

ファームハウス(農家)の朽ちた材木風のペイントが天井のクラウンに施されています。とてもアーティスティックなアクセントです。

 

Light contrast

Light contrast

シンプルな寝室のトリム部分(開口枠や巾木など)、壁の白とほんのわずかしか変わらない色味のEGGSHELLペイントを施しています。EGGSHELLとは言葉通り、卵の殻のようなつやを持つ仕上がりのインテリアペンキです。

 

Playful color

Playful color

明るいペイントを細いトリム(壁上のクラウンや巾木)に施して、バスルーム全体を陽気な雰囲気にしています。

 

Dark, high-contrast color

Dark, high-contrast color

窓のケーシングからビルトインの本棚全てに、豊かな青緑のような、暗い色調のペイントを施し、白い壁に大きな影響を与えています。とてもお洒落な色ですね。

 

Same as the walls

Same as the walls

1つの色で、部屋の壁、天井を塗りつぶすことで、建築の細部がより際立っています。コントラストを付ける為に、クラウンや幅木だけに光沢あるペイントを使用し、壁や天井にはEGGSHELLペイントを使用して質感を変えているのもポイントです。