フレンチ・ヴィラのフィーリングを取り入れたアメリカン・スタイル邸宅

アメリカン好みの格調 愛媛県松山市 F邸 (2013年5月完成)

 最近ビバリーヒルズなどで人気のフレンチ・ヴィラ(別荘)風のアメリカン邸宅。優美さと風格を併せ持つ趣きのあるデザインに仕上げました。
 風と緑と地中海への憧憬を求めるフランスの富裕層が好んで建てる、イル・ド・フランス地方、パリ郊外の別荘。そのデザイン・フィーリングを、さらにアメリカで取り入れられてフレンチ・ヴィラ風のアメリカン・スタイルが確立されています。
 それは、ヨーロッパのフレンチ・ジョージアン様式よりもシンプルに、プロヴァンス様式よりも都会的に、アメリカン好みの格調を表現しています。

 

 

ライフスタイルから考える住まいのコンセプトと間取り

 ジャズを演奏されるというお医者様。何という趣味人かと驚きとともに、そのアメリカン・テイストへの徹底ぶりにも驚かされました。多目的ホールと演奏・練習のためのミュージック・ルームなど、徹底した趣味の間取りとなっています。
 公私を分ける2階の空間は、アメリカン・スタイルのリビング・ダイニングルームを一緒にした、家族が集まる寛ぎの広間を中心にしています。

デザイン・インフルエンス

 ヨーロッパの伝統的建築様式を、アメリカの風土・敷地・ライフスタイルに合わせてアレンジした、アメリカン・スタイル(様式)がさまざまに確立されています。その中でも比較的新しいタイプが、このフレンチ・ヴィラ(別荘)・デザインです。
 フランスのイル・ド・フランス地方は、パリを中心に半径100キロほどの地域を指し、田園風景と深い森が広がっています。パリの富裕層やパリで仕事をする人たちは、この地域に別荘や郊外型住宅を建てています。そのデザインの特長は、イル・ド・フランス=フランスの島の意味どおり、地中海への憧れを表現する爽やかなオフホワイトの邸宅。
 そして、アメリカの富裕層がフロリダやロスアンジェルスに、このフレンチ・ヴィラのデザインを取り入れたのです。アメリカンらしくヨーロッパよりも少々強さと安定感を表現して、シャトーは取り除き、オリジナリティを出しています。

フレンチ・ヴィラ

エクステリア

 ドーマー窓と暖炉の煙突が見える寄棟屋根の邸宅。ファサードのセンターには1,2階のペディメント(三角形の切妻壁)を設え、庇(ひさし)を通常よりも少々張り出させ、安定感と格調を表現しています。
 軒下の装飾性のあるモールと張り出した庇が、より品位のあるキリリとした雰囲気を醸し出し、さらに各壁面の角にコーナー・ストーンを張り、南仏的な特徴にもかかわらずアメリカン好み風にマニッシュ(男性的)に仕上げました。

エクステリア

ウィンドウ・オーナメント

 オフホワイトの塗り壁にスノーホワイトのウィンドウ・オーナメント。ハーフサークルの形状の窓はとても都会的に感じさせますね。中でもハーフオーバル型のラウンドトップのドアには、上部にガラスと装飾的ロートアイアンによるキャノピー(入口の上部を覆う庇)を設置して、地中海沿岸のテイストも加味されています。

ウィンドウ・オーナメント

エントランス・ホール

 エントランス・ホールの吹き抜け、大理石の床、ブラウン系のドライウォールの壁、ロートアイアンの装飾的で流れるようなサーキュラー階段。これらの組み合わせが、力強く動的なダイナミクスを表現し、この上ない大人の安定したデザイン選択眼を誇っているかのようです。

エントランス・ホール

ミュージック・ルーム

ミュージック・ルーム 特筆すべきミュージック・ルームです。ジャズを演奏されるというお医者様、本当に専門的でマニアックですね。2×4工法なので防音効果は優れています。


ジャパニーズ・ルーム

 落ち着いた和室。なんと床の間は金張りです。無地の襖や落ち着いた壁の色によって、床の間の金色の魅力が、華美すぎず絶妙なバランスに仕上がっています。

ジャパニーズ・ルーム

ファミリー・ダイニング&リビングルーム

 サーキュラー階段を上がっていくと広々としたファミリー・ルームが広がります。ダイニングとリビングを一つにしたアメリカン・タイプの間取りです。
 家具類もアメリカで購入され、ウィンドウ・トリートメントもアメリカでもっとも人気の高いウィリアム・モリスのものをコーディネイトしています。
 アメリカの家具は、ヨーロッパへの郷愁を込めたリプロダクション(複製)と、それに縛られない新しい伝統調の創造がなされ、ヨーロッパにないオリジナリティ溢れるデザインが豊富に開発されています。

ファミリー・ダイニング&リビングルーム1

ファミリー・ダイニング&リビングルーム2

システム・キッチン

 アメリカ製のシステム・キッチンです。アイランド・テーブルも大理石調で豪華ですね。重厚感のある雰囲気にカフェカーテンの柔らかさが非常に見事にマッチしています。

システム・キッチン

マスター・ベッドルーム

 豪華で大胆なモチーフの壁紙に、あえてシンプルにしたベッドがセンスをうかがわせますね。ブラウンのカーペットを敷き、大人の寛ぎを演出しています。

マスター・ベッドルーム

パウダー・ルーム

パウダー・ルーム サンドアートを施したお洒落なミラーに、両サイドにはフォールデッド・カーテン。全体にシックで華美すぎないアメリカン・ライフスタイルを彷彿とさせますね。


チャイルド・ベッドルーム

 アメリカン・センスのガールズ・ルームとボーイズ・ルームです。それぞれに好みがうまく引き出されていますね。アメリカでは、子供たちの成長に合わせて、また、シーズンに合わせて壁紙やカーテンなどのインテリアを変えます。それがまた一つの楽しみなのです。

チャイルド・ベッドルーム1


チャイルド・ベッドルーム2


チャイルド・ベッドルーム3


ビルト・イン・ガレージ

 何と言ってもアメリカン・ライフのなかで最も合理的かつ便利なのが、このビルト・イン・ガレージです。お出かけにも雨にぬれずに済みますし、車も汚れませんし、ガレージから家の中に入れますし・・・・お奨めです。

ビルト・イン・ガレージ